このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

採用情報
Careers

立山学園の保育について

立山学園の保育とは

子どもの人格を尊重した「誉める保育」を実践し、子どもたち本来の想像力や表現力、個性を尊重した保育を基本としています。


保育の特徴

子どもが安心して生活や遊びができる環境の中で、保育者が子どもの存在を認め、共感し、誉めることにあります。
異年齢の関わりの中で、子どもが意欲的に表現できる・相手の表現を理解できる機会を大切にしています。
保育者が日々の生活や遊びのなかで、子どもが自ら選択できる環境(遊び・生活)を日々考察し、子どもと同じものを見て同じように感じることを心がけています。


保育の取り組み

壁の無い保育・コーナー保育

当園の保育室には基本的に「壁」がありません。子ども達の環境を「壁」で閉じ込めるのではなく行動に存分に集中できる、また集中力を養う保育を行っています。


異年齢児・グループ保育

年齢によるクラス編成ではなく、異年齢児との交流を深めるグループ保育を実践し、思いやりや、コミュニケーション能力の発達を養っています。


表現活動

オペレッタや歌・リズム遊びを通して子どもらしい表現力や想像力、体力を遊びの中で養っていける保育を行っています。


造形活動

自由な雰囲気の中で、こどもの「やりたい」という思いを大切に、見合う素材や道具を用い、刺激し合えるお友達と充実した遊び時間になるような保育を目指します。


いますぐ応募する

pagetop